宮古・大槌旅館民宿再興グループ

ホタテ、ワカメ、サケなどの海の幸をメインに、漁師宿ならではの食事を提供。

漁師で加工場を持つご主人が、板前の修業を経て宿の立ち上げに参画した漁師民宿。ご主人が調理の師匠だという女将が、さわやかな笑顔でお客さんを迎えている。前の建物は津波で流され、現在、復旧工事中。2013年4月末にオープン予定の建物は、木を使ったナチュラルで明るい雰囲気に。いっそうのサービスの充実を図っていきたいということです。

ホタテ、ワカメ、サケなどの海の幸をメインに、漁師宿ならではの食事を提供しています。加工場で作っている新巻鮭はおいしいと評判で、県外からも注文があるとのこと。

現在の主人が9代目だが、5代目の六松さんが船大工をしていた時の屋号が『六大工』だった。民宿を始めるにあたって、そのまま屋号を使用したのが民宿六大工の言われである。

民宿六大工:ご主人と女将

詳細情報・交通案内

民宿六大工

民宿六大工:外観

〒028-1132 岩手県上閉伊郡大槌町大ケ口‎1-21-23

TEL.0193-42-4036

チェックイン/
15:00〜
チェックアウト/
9:00
駐車場/
11台
客 室/
全9室 (和8室、洋室1室)
料 金/
6,500円(税別)〜(長期滞在は、要相談)
inserted by FC2 system